Home > 音楽

音楽 Archive

2011夏コミ新作情報

どうもお久しぶりです(^^;
この夏の新作CDですが、やっとのことで一昨日マスタの入稿を済ませまして無事来月の夏コミに間に合わせることができました。

去年の冬コミで出したデモ版3曲も正式な歌詞と歌を入れ一部アレンジを変えたりもしまして、当然ですがデモとは出来栄えは大きく変わり、そしてそこから更に新しく追加された3曲と有名民謡のアレンジとで、いつもの如くバリエーションに富んだ合計7曲をお届けいたします。

アルバムのタイトルは「Man-made beauty」です。

01 玉響ノ鈴
02 Flower of Brass
03 Movable Airport
04 Greensleeves
05 Wiring for history
06 ふざうんふざうん
07 夏景
画像クリックで試聴出来ます

ぜひイベント当日を楽しみにして頂ければと思います。
それではビッグサイトでお会いしましょう!

M3告知などなど

大変ながらく放置してしまいました(^^;
一応私は元気でやっております。

3月に起きた震災からあっという間に一月半が経ちましたが
被災地の傷跡はまだまだ癒えません。
そういう僕も大地震のあったあの日から作曲ペースがどうにも
乱れ、本来ならM3の為に一番曲を書き溜めようと思っていた
3月がほとんど何も出来ない状態となりました。
4月に入ってからペースを取り戻そうともしたのですが、業者
へのCDマスター出しなどを考えるとそれほどの時間の猶予が
なく、この半端な期間では自信を持って人様にお渡しできるよ
うなものは作れないと思いました。
ならばということで、ここは一つ気持ちを切り替え新しいアル
バムは夏のイベントにリリースすることに決めました。
この時間の猶予を少しでも良い作品を作るために使いたいと思
います。
そういうわけで、もうあと2日後と迫ったM3ですが今回LOTSでは
新作は特にありません。
もし楽しみにして頂いた方がおられましたら大変申し訳ありません。
その代わりぜひ今年の夏を楽しみにして下さればと思いますm(^^)m
尚、昨年末に出した旧作”BROBORETA”、”Verse of Voice R”を一枚に
まとめた(Bonusトラック有)「LILTING VOICE」は引き続きM3でも
販売いたします。

また別件ですが、M3参加サークル”under09″さんの企画
「花の嵐よ吹き荒れろ!!!!!!!!!!!!」にムービー用の曲を提供して
おりますのでこちらもどうぞよろしくお願いいたします。
大変面白そうな内容だったので僕の方から強引に参加させて貰いました(笑)
http://blog.under09.info/

それでは5月1日も良い天気だといいですね!

冬ミコミブース番号

しまった、うっかり書くのを忘れていました(^^;

12/31、東ラ-25aです。

今年は冷え込みが厳しくないことを祈ってます。
どうぞ宜しくお願いします!(^^)

冬のイベント情報です。

どうもしばらくぶりです(^^;

先日冬コミ用のマスターCDを納品してきました。
今年の冬は、LILT初期のアルバムで最近はあまり販売、増刷もしていなかった
「BORBOLETA」「VERSE OF VOICE R」(共に歌モノ中心のオムニバスです)を一枚に
まとめ、そしてボーナストラックとして4曲の新曲を追加したものを販売します。
タイトルは「Early Works of LILT RECORDS – Lilting Voice」です。
ボーナストラックのうち3曲は次の(来年春M3予定)アルバム「ぼ?かり?ず2(仮)」
からで、もう一曲は今回用に書き下ろした作品です(普段あまり書く機会のなかっ
たクラブ系テクノをやってみました)。
また、ミク使用の3曲についてですが、いつもアレンジがある程度固まったら一旦
仮歌詞でミクに歌わせて、それをオケと合わせて聴きながら、気になる部分を色々
と修整していく…というパターンなのですが、仮歌詞版の雰囲気が結構良かった
ので、今回は仮歌スペシャルバージョン(笑)として思い切ってそのまま入れてみ
ました。
普段あまり聴かせられない完成前の舞台裏と、来春に出る本編との対比が面白い
かと思います(^^)

ちなみに「BORBOLETA」「VERSE OF VOICE R」+ ボーナストラックで500です。
約72分のCDとなりましたので、お得かと存じますw

どうぞよろしくお願いいたします(^^)

明日はM3

毎年のことですが、夏コミから秋のM3はほんとあっという間に感じます。
当日を懸念していた台風はなんだかうまいこと直撃は避けられるみたいで
良かったです。

さて今回ミニアルバムを持っていこうとなんとか粘ったのですが、作業時間が
中々うまく取れず、残念で申し訳ないのですが冬コミまでのお楽しみとさせて
頂きたく思います。
ただ、まったくの手ブラというのも何ですので、軽いデモのようなお試し版CD
(ポストカード付き)を50枚くらいの予定で無料配布致します。
期待して下さった方には、ご迷惑おかけして申し訳ありませんm(__)m。

それでは明日はどうぞ宜しくお願いいたします。

夏コミゲスト参加情報

sound sepherさんのオリジナルCD「Megalomachia」 (メガロマキア)に1曲参加しました。

(以下公式サイトより引用)
いったい何年ぶりだ!?sound sepherより、ついにオリジナルCDが登場!

テーマは「バトル曲」。ゲーム業界・同人音楽で活躍するコンポーザーが結集し、夏コミにて頒布。
イラストには「Cradle」のx6sukeさんを迎え、全10名による13曲の熱いサウンドをお届けします!

2010年8月14日「コミックマーケット78」 東ヌ41ab「sound sepher / Liverne」にて頒布。頒布価格:1,000-、ショップ価格:1,260(税込)

アレンジャー

  • ESTi (Studio SIS)
  • Godspeed (ViViX)
  • setzer (MintJam)
  • 相原隆行 (Studio Carnaval)
  • 齋藤博人 (LILT RECORDS / Studio MINSTREL)
  • 坂本昌一郎 (sound sepher)
  • なかやまらいでん
  • 細江 慎治
  • 安井 洋介
  • 江口 孝宏

詳しくは公式サイトをご覧ください

S-MODE 海外サイトレビューが掲載されました。

やった、”Sexy”との言葉を頂きました!!

とても嬉しいです(^^)。

http://www.originalsoundversion.com/?p=10721

 

インタビュー掲載されました。

久しぶりの更新ですが、僕のインタビューが掲載されました(^^)。
http://www.squareenixmusic.com/features/interviews/hirotosaitoh.shtml

許可をもらえたら、後日日本語のものをアップしたいと思います。

新譜情報

昨日の夜中寒いと思ってたら、何と雪が降りましたねー!
おそるおそる玄関のドアを開けると、まさかの雪景色が目の前に広がっていました。
確か何年かも前に東京で4月の初めに雪が降ったのを記憶していますが、今回は
4月も半ばを過ぎてからですからね、いったいどうなってるんでしょう?(^^;

さてさて、次回M3に合わせての新譜が無事マスター出しを終えました(^^)。
最後まで決めあぐねていたアルバムタイトルは「S-MODE」になりました。
ちなみにこのタイトルの由来は、前回の日記でも書いた「本当はテクノジャンルオンリーのアルバムに
する予定だったのに、途中で移り気が出て色々なバリエーションになってしまった」といった経緯から、
「決め事をしたのに、結局いつもの好き勝手モードになってしまった」つまり
「いつもの自分モード」=「Saitoh-MODE」という具合でネーミングしました。
しょーもない話ですみません(^^;

というわけで、来月5月5日(水曜日祝日)発売です。
皆様どうぞよろしくお願いいたします!

S-MODE
収録曲
1. Night Breeze      (Soul)
2. Hard Beat(remix)  (Hard Techno)
3. Blue Moon Rise    (Electronica)
4. Toys on his Hands (Techno-pop)
5. Jazzpanese        (Jazz/Lounge)
6. Vermilion View    (Fusion)

価格 1,000 (M3イベント頒布価格)

↓クリックで試聴できます
lilt-0013_jacket.jpg

M3の新作マスター出し間近。

来月5日のM3に出す新作の準備の真っ只中です。
業者の納品まであと3日と迫っているのに、まだアルバムのタイトルも決まってなかったりするという際どいペースになっています(^^;
それにしても、今年の初め頃には「次回の新作はゴリゴリのテクノで行く!」と決めていたのですが、
従来のあまり一つの所でじっとしていられない、落ち着きが無く飽きっぽい性格がやはり出てきちゃいまして、結局途中で「アレやってみよう、これもやってたい」という風になり、色々なバリェーションの詰まったアルバムになってしまいました(^^;
まあ、既にこういう芸風が元々の自分だと割り切ってたりもしますw
というわけで当初予定していたものとは方向性が変わりましたが、聴き応えあるアルバムになったかと思います。
近々デモもアップ致しますので、新作をどうぞお楽しみにして下さいませ!!

ホーム > 音楽

photo
齋藤 博人(HIROTO SAITOH)

サウンド・デザイナー
東京都生まれ。
1998年に工画堂スタジオを退社し、以後はフリーランスとして活動。
民俗音楽、ジャズ、テクノ、オーケストラサウンドと多岐のジャンルに渡って作品を創る。

Search
Feeds
Meta

Return to page top