Home > クロスハーミット

クロスハーミット Archive

クロスハーミット追加情報

エンターブレイン社のwebページにもトピックとして取り上げてもらえることになりました。
http://www.enterbrain.co.jp/game_site/crosshermit/

そして来月、7/16日よりアマゾンでの販売も開始されます。
というわけで、それに合わせてサウンドトラック専用サイトもリニューアルしました!

さてさて、サントラと外伝小説を持ちまして、クロスハーミット関連のものはこれで一区切りとなります。
ただ奥田隆博ワールドのファンの皆様には、近いうちにちょっとした朗報をお届けできるかも知れません。
まだ詳しいことは言えないのですが、夏のイベントで配るチラシには何かしら書ければと思っています。

クロスハーミット曲解説

『クロスハーミット・アレンジCDライナーノーツ』

製品には収録しなかった、各アレンジ曲についてのコメントを
Web上を借りて書かせて頂こうと思います。

【Trak 01 「神韻」】
腰の重いコードと旋律で徐々に盛り上げていくという構成の曲です。
こういうのは個人的に好きな手法なんですよね(笑)
犠牲を顧みず、大き敵に立ち向かっていく主人公たちというイメージです。

【Trak 02 「夢」】
原曲の旋律は女性の声で「ランラン」歌わせています。
アレンジ版でも歌わせるつもりでしたが、途中で気が変わり、主役をアコースティック・
ギターとオーボエに置き換えてみました。
フルートが登場する中盤は少しアドリブタッチで遊んでおります。

【Trak 03 「気高きヒト」】
主旋律のバイオリン以外、全体的にパーカッシヴな音色で構成されているこの曲は
僕としては、とてもミックスのやり甲斐がある曲でした。
なので、どうしても新たに再ミックスしたくてアレンジCDに収録しました。
原曲の当時よりも良質のエフェクトを掛け、各出音のディテールに拘っています。
あとバイオリンはVIENNAというライブラリで演奏させました。
違いは聴く人によって様々でしょうが、こういうアプローチも面白いかなと思っています(^^)。

【Trak 04 「ご一緒しませんか?」】
魔法学校の日常をイメージして作った曲です。
にぎやかな教室、語りかけてくる級友…などなど、僕自身が学校というものに持っている
ノスタルジーが曲に表れたような気がします。
クロスハーミットのBGMの中でも、かなり気に入っている中の一曲です。

【Trak 05 「不安と期待と」】
元々は短かったオープニングBGMのプロローグ部分を膨らませて5分を超える曲としました。
すごく映画音楽タッチな作風を意識しています。
今回のCDのために書かれた外伝小説のワンシーンをイメージしてまして、前半?中盤は
戦争の場面で、そしてハープのアルペジオで始まる後半からは、若き革命戦士と姫との二人の関係を
テーマにしました。

【Trak 06 「情熱を胸に」】
ご存知オープニングテーマ曲です(笑)
途中部分で違う場面の曲が挿入されますが、これは元々はアレンジCDにその曲を収録して欲しい
という奥田氏からの要望があったことがきっかけです。
単体のアレンジよりも、オープニングの曲とリンクさせるのが意外性があって面白いと思ってやってみました。

【Trak 07 「顔をあげて」】
アレンジも6曲ほど出来上がり、CD製作も佳境にさしかかった時
さて残り2曲をどのアレンジにするかすごく迷ってしまいました。
結局自分では答えが見つからず、奥田氏に相談したところ、ゲーム中頻繁に登場する「顔を上げて」と
「その場所へ」がいいのではとアドバイスを貰い、即採用としました。

【Trak 08 「その場所へ」】
実は記念すべき、クロスハーミットBGM作曲、第一曲目です(確か…)。
今回はより爽やかにポップにしようと思いまして、ジャカジャカと
アコースティック・ギターを入れてみたりしました。

ホーム > クロスハーミット

photo
齋藤 博人(HIROTO SAITOH)

サウンド・デザイナー
東京都生まれ。
1998年に工画堂スタジオを退社し、以後はフリーランスとして活動。
民俗音楽、ジャズ、テクノ、オーケストラサウンドと多岐のジャンルに渡って作品を創る。

Search
Feeds
Meta

Return to page top