Home > イベント | 日記 > M3無事終了いたしました(^^)

M3無事終了いたしました(^^)

大変久しぶりのblog更新です(^^;

日曜日はM3にお越し頂きまして、どうも有難うございました!
そして、せっかくブースに来て下さったのにすれ違いでお会い出来なかった方、どうもすみませんでしたm(__;m

そういえば今年はM3が創設されて15年目だそうです。
その時間の経つ早さにも驚きなのですが、私たちLILT RECORDS(LOTS.)も初回から参加していまして、思い起こせば記念すべき第一回M3は浅草橋にある文具会館の小さな会議室のような一室の中で行われました。
参加人数は今とは比べ物になるわけがなく、一目でどんなサークルが参加しているかすぐに分かりました(笑)
もう手作り感が半端なかったですね(笑)
当時私は同人音楽というものに対しての知識が無く、右も左も分からずただ、おそるおそる自分の曲を録音したカセットテープ(WORLDNAUTのお試し版)を持って参加しました。
目の前で直に自分の音楽が試聴されるのは本当に気恥ずかしく、すごく緊張してドキドキでした。でも気に入って下さる方、そしてそれを縁に次回も自分のブースに来てくださる方、また、同じ参加者同士で知り合いになりその後も長いお付き合いをさせて頂く事になった人達など、M3に参加した事でそれは多くの人との出会いが生まれました。
これが自分とって何より一番の宝です!
本当に参加を続けて良かったと思います。
現在M3はその後運営の方の尽力の成果も実って、今や音楽系即売会と言えばM3と言われる位のメジャー級な存在となり、参加者もジャンルも大変に多様化しましたが、今後も自身の創作の表現の場として参加を続けて行きたいと思います。
皆さんこれからもLILT RECORDSをどうぞご愛顧宜しくお願いいたします!

さて、M3に参加している最中に次の冬コミの新作について考えていまして(受かる事が前提になりますが(笑))、どういうものを出すか企画がまとまりました。
詳しい内容はまた追って告知致しますが、どっぷりとファンタジーワールドなCDにする予定です。
仕事の方ではファンタジー系の曲を書く機会は多いのですが、自分のレーベルでは今までファンタジー色のアルバムを出した事がないので、ここは一つ企画を立ててやってみようと思いました。
色々アイデアを織り込んで、皆さんに大いに楽しんで頂けるCDにしたいです。
どうぞご期待下さいませ!

Home > イベント | 日記 > M3無事終了いたしました(^^)

photo
齋藤 博人(HIROTO SAITOH)

サウンド・デザイナー
東京都生まれ。
1998年に工画堂スタジオを退社し、以後はフリーランスとして活動。
民俗音楽、ジャズ、テクノ、オーケストラサウンドと多岐のジャンルに渡って作品を創る。

Search
Feeds
Meta

Return to page top