Home > Archives > 2010-01

2010-01

「ウソツキと犬神憑き」「ぼーかりーず」通販開始。

「ウソツキと犬神憑き 音楽集」、「ぼ~かり~ず」の2タイトルがスイープレコードさんで購入できるようになりました。
尚、「ウソツキと犬神憑き」の方はamzonでも購入頂けます。

そして、次回ゲームサントラシリーズとして、あの某作品を交渉中です。
今のところ手応えは良い感じですが、決まり次第皆様にお知らせしますね!

「ぼーかりーず」海外レビュー&通販のお知らせ

冬に出した「ぼ~かり~ず」のレビューが掲載されました。
http://www.originalsoundversion.com/?p=6769

遠く離れた外国の人に自分の作った作品を聴いて、取り上げてもらえるなんてほんと嬉しいです。
次回作も評価してもらえるよう頑張らねば!と思います。

それとお待たせしてすみませんでした。
「ウソツキと犬神憑きサントラ」と「ぼ~かり~ず」の通販が間もなく始まります。
「ウソツキと犬神憑き」「ぼ~かり~ず」をスイープレコードさんでセットでお買い上げ頂いた場合、
送料が無料になります。(北千里さんのポストカードもおまけです)
amazonでは「ウソツキと犬神憑き」のみの販売となります。
準備が整い次第、またお知らせいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

パックまん食べてみました。

もりぞうさんが食べたとコメントに書いておられましたので、「こりゃ自分も食べねば」と思いサンクスに行ってきました。
画像のように中華まんの皮で可愛らしくパックマンが再現されていますね。
二つに割って中を見ると一瞬アンコが入ってると思いましたが、カスタードとチョコナッツでしたw
食べてみると、もりぞうさんの感想と同じで、ほんと普通の味w
おやつとしては十分に美味しいと思いますが、リピーターになるほどかと言えばそうでもない・・・といった様な。
とりあえず、ネタとしては面白かったので満足です。
まあでも、レトロゲーのリアル体験者のおじさんにとっては思い出が何よりのスパイスですから、それでいいんではないでしょうか。
100116_202929.jpg
100116_202702.jpg

コラボ中華まん

ドットイーターとして有名なアノ人が食べられる側になったんですね。
ゲーム中のドットがクッキーだったという設定を初めて知りました。
当時はお小遣いが少なくてプレイ回数に限りがあったので、上手い人のプレイを覗き込んでパターンを記憶してから自分がプレイするという経済的な手法をとっていましたw
あの頃は一ゲームを本当に大切にプレイしていたような気がします。

明けましておめでとうございます&冬コミ有難うございました。

新年明けましておめでとうございます!
冬コミも無事終えて新年を迎えることが出来ました。
今回もLOTSのブースに起こし頂いた皆様、どうも有難うございました。
やはりイベントに参加するのはいいもので、直接商品を手に取って渡し、時にはお客さんと会話をしたりと、ネット通販とかでは出来ない、大事なコミュニケーションがここにはあると感じます。

今回は「ウソツキと犬神憑き 音楽集」、「ぼ~かり~ず」という2タイトル同時の新作リリースとなったのですが、一方は和風アドベンチャーノベルズゲームのBGM、もう一方はVOCALOIDによるロック、ポップス、エスノetcという、どちらも全く違う内容のジャンルと音楽で、両方あわせると、とてもボリュームのある内容になりました。
「ぼ~かり~ず」には新曲に加えて何曲か、セルフカバーもやったのですが、改めてボーカロイドで歌わせてみると、原曲とはまた違った独特の雰囲気が出て、原曲を聴いた方はそのコントラストも楽しんで頂けるのではないかと思います。
また、版権を借りてのCD出版もお蔭様で今回の犬神で3作目となりまして、今後もゲームタイトルの新旧問わず面白いと思うタイトルがあれば、版元のメーカーと交渉をして意欲的に作っていきたいです。
ぼちぼち次のタイトルも考え始めていまして、話しがまとまり次第またサイトで発表いたします!

そういえば、僕達は2日目の参加だったのですが、寒さに耐えながら売り子をした去年に比べてこの日はとても暖かく快適でした。シャッターの前の配置で海からの風で結構寒いのでは?と予想していたのですが全然そんなことはなくて、嬉しい肩透かしを食らいましたw

さてさてもちろん今年も、夏冬コミケ、春秋M3のローテーションで参加します。
(コミケの方は受かればですけど)
気力も充実させて納得のいく作品作りにはげみます!
それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Home > Archives > 2010-01

photo
齋藤 博人(HIROTO SAITOH)

サウンド・デザイナー
東京都生まれ。
1998年に工画堂スタジオを退社し、以後はフリーランスとして活動。
民俗音楽、ジャズ、テクノ、オーケストラサウンドと多岐のジャンルに渡って作品を創る。

Search
Feeds
Meta

Return to page top