Home > Archives > 2009-07

2009-07

こんな検定があったとは!

「境港 妖怪検定」
むうう、水木しげる先生のファンとしては受験を考えるべきなのか??

そういえば、去年深夜に放送していた墓場鬼太郎の出来は予想以上によく出来ていて
面白かったです。
初期の鬼太郎って全然正義のヒーローなんかではなくて、普通に人間臭くてこれがまたいい味出してるんですよね?。
ねずみ男と怪しい保険屋の商売したり、気に食わない人間を地獄に流したり・・・
悪い妖怪と戦う鬼太郎しか知らない子供が観たらショック受けること間違いなしでしょうねw

サーバ移転&ブログ改装しました。

システムの不具合など発見しましたら教えて下さいませ。

(すいません前回の記事は間違えました(^^;)

999号に乗ってどこか遠くへ

昨日はMinstrelメンバーで朝まで飲み明かしました。
言いたいこと思ったことをバシバシ言い合える、何事にも前向きでとても頼りになる戦友達です。
ちなみに移動に乗った電車が偶然999仕様だったのでとりあえず記念撮影?(^^)
車掌さんにニラまれてる・・・?
090730_050337.jpg
090730_050401.jpg

久々のアウトドア?

昨日は家の用事で、小雨の降る中草むしりをやった。
約40坪ほどの土地に生えている背の高い草から、短いけれど芝のように連なって根を張った雑草などを
軍手一つで引っこ抜いていったのだが、これがかなりの重労働だった。
3時間ほどの作業で、最初は足腰に重点的に負担がかかると思っていたら、意外と握力も要るんですよね。途中物が握れなくなるくらい手が疲れました。
久々の運動としてはハードなものがありましたが、まあその後のビールが美味しかったのでよしとします。今は遅れて腹筋と足に筋肉痛が来てます(^^;

次回M3、舞台は横浜に

先日秋のM3の申し込みを済ませました。
思い起こせば10年前、発足当時のM3は浅草橋の文具会館というところから始まりました。
スタッフの尽力とそして来場者、参加者たちの同人音楽に寄せる熱い思いで、そのキャパシティはどんどん増え、ついに大田区Pioを付きぬけて次回より会場は“大さん橋ホール “になりました。
うちからだと、みなとみらい線になるのかな?少々足を運びにくくはなりましたが、まあ今度は中華街も近いことだし、ちょっとした観光気分で楽しめそうです(^^)。

懐かしさと驚きと

昨日、付けっ放しにしてたTVから聞こえて来る何かの再放送アニメのエンディング曲。
メルヘンチックな歌詞とオーケストラによる雄大なアレンジで、そして途中では広大な草原を縫う風のようなイメージを髣髴させる展開を見せる。
そう、思い出しました、「赤毛のアン」のED曲でした。
OP、ED曲とも、作曲は三善晃さんだったんですね。武満徹と共に日本の現代音楽シーンを代表するような人が週アニメの曲を、しかも
赤毛のアンだなんて、今はちょっと考えられない組み合わせですね。
改めて聴いて名曲だな?と感じました。

小ネタクイズ

最近見つけた面白いクイズを紹介します。

——————————————————
10人の旅行者がホテルに泊まろうとしていた。
ところが、ホテルにはあいにく9部屋しか空いていなかった。
そこでマネージャーは名案を思い付いた。
マネージャーは最初の客に言った。
「Aさん、ロビーでしばらくお待ちになってください。
後ほどお部屋にご案内します。」
そして、マネージャーは先ず、
1001号室に2人目の客を案内し、
1002号室に3人目の客を、
1003号には4人目、1004号には5人目、
1005号には6人目、1006号には7人目、
1007号には8人目、1008号には9人目を案内した。
そして、Aさんのところへ戻ってきていった。
「お待たせしました。1009号室にご案内いたします。」
——————————————————

よくできた巧妙な問題ですね?、この手のクイズは性格の素直な人はうっかり騙されちゃいそうなので用心ですねw

「Beefsteak Plant」

あるクイズ番組の問題に出てきた「Beefsteak Plant」という単語。
なんと日本では梅干やお刺身についてくるあのお馴染みの「シソ」のことだそうです。
ええ?なんかしっくり来ないな?。どの辺が肉っぽいんだろう??
むしろ脂っこい味をサッパリに変える役目を持ってるんでは?
それと、そもそもアメリカ人はシソを食べるのか?
疑問は尽きませんが、国よってこうも表現の違いがあるとは驚きです。

Home > Archives > 2009-07

photo
齋藤 博人(HIROTO SAITOH)

サウンド・デザイナー
東京都生まれ。
1998年に工画堂スタジオを退社し、以後はフリーランスとして活動。
民俗音楽、ジャズ、テクノ、オーケストラサウンドと多岐のジャンルに渡って作品を創る。

Search
Feeds
Meta

Return to page top