Home > Archives > 2009-04

2009-04

最近のつれづれ

最近のことですが、ずっと長くこの業界で一緒にやって来た人がついに辞めてしまうという事がありました。
色々な開発の修羅場をくぐってきた仲間が業界を去るというのは実に寂しいことですが、本人なりによく考えて
下した決断でしょうから引き止めるわけにもいきません。
僕はただ今までのお礼と「お疲れ様でした」の言葉を告げ、いつかまた道を共にする時がきたら一緒に何か
やりましょうと言いました。本当にそんな時がくれば嬉しいですね。
そういえば僕と同時期にこの業界に入った仲間や知り合いは、大体8割くらいは今も同じ道を歩んでいますね。
全然会わなくなったような人の動向も風の噂で聞いたりします。意外と狭いんですよね?、ゲーム業界って。

人がそれぞれ自分の道を求めんとするように、僕もまた自分のアイデアや企画の実現の道を探っております。
数年前までは色々な条件が揃わず実現出来なかったことが、ようやく話を持ちかけられるまでになりました。
そういえば話がそれますが、打ち合わせ用のアイデアをまとめるのに何処か考えやすい場所はないかな?と思って
また新宿のゲームバーに行ってみましたw
まあ、考え事なら自宅でじっくりやれって話しかも知れませんが、いや、ほら漫画家さんがよく喫茶店やファミレスでネームや
アイデアを詰めるって聞くじゃないですか?まーそんなようなものだと思っていただければOKです。
でいざ店に入ってみると、バー独特の薄暗い店内は考え事をし易くて、アイデアが練りやすかったです。
あと、うるさいとまではいかない適度な雑音も逆に集中の助けになることに気がつきました。
コロナビールを飲みながらゲーム筐体をテーブル代わりにして、順調にガイドラインをまとめることが出来ました。
考え事をするならバーがお勧めですよ!w

朝帰り

金曜日の夜から飲み始め、久しぶりにそのまま朝まで飲みコースとなりました。
3軒目の店は以前から興味があった新宿の某ゲームバーに行きました。
店内にはさりげなくも大胆にたくさんのゲーム関連グッズが飾ってあったり、懐かしいゲームミュージックがBGMとして流れていて、
割とじっとしてても居心地のいいところでした。
偶然なんですが、お店の2階の雰囲気が前に自分がいた会社のサウンド部屋のような感じがして、おかげで初めて行った気がしなくて
すごくくつろげました。さすがゲームバーですねw
また、運のいいことに、この日は業界のお客さんが多く来ていて、一線で活躍されている某大手メーカーのクリエイターの方などと
お会いすることも出来ました。
とても面白かったので近々また行く予定です。
ボトルでも入れてみよっかな?

そうだ来月はM3だ?。
今回のメインは「POWER DoLLS1 Resonance」で、M3ならではのちょっとした特典を考えています。
それと「GAMBIT of THE DRAGON」の情報もお知らせ致しますので、どうぞ楽しみにしていて下さい!

[連絡]パワードール1CD追加出荷しました。

昨日追加出荷しましたので、もう間もなくアマゾン
において品薄が解消されますので宜しくお願いしますm(__)m。

POWER DoLLS 1 Resonance

Home > Archives > 2009-04

photo
齋藤 博人(HIROTO SAITOH)

サウンド・デザイナー
東京都生まれ。
1998年に工画堂スタジオを退社し、以後はフリーランスとして活動。
民俗音楽、ジャズ、テクノ、オーケストラサウンドと多岐のジャンルに渡って作品を創る。

Search
Feeds
Meta

Return to page top