Home > GAMBIT OF DRAGON > 「GAMBIT OF THE DRAGON」PV完成

「GAMBIT OF THE DRAGON」PV完成

明後日、12/29ビックサイトには「GAMBIT OF THE DRAGON」の
ムービーやグラフィック、サウンドなどのデータが入ったプロモーション用CDを持って行きます。
また、それに合わせて同日「GAMBIT OF THE DRAGON」専用サイトも大きく更新します。
これで一気に多くの情報が公開されますので、皆様に大いに妄想を膨らませて頂けると嬉しいです(笑)。
それでは当日ビックサイトでお会いしましょう!(西い-06b)

Comments (Close):3

もりぞう 08-12-29 (月) 17:24

齋藤さん、こんばんは!
本日はお疲れ様でした。
早速、プロモーションムービーを拝見させて
いただきました。
戦闘画面のマーカーが結構アクティブに
動き回りますね。スクリーンショットを拝見した
時点でこの動きは想像していなかったので新鮮でした。
これを左側のメニューでどうコントロールするのか
想像(妄想)して楽しんでいます。
ちなみにこのマーカーは今後別のグラフィックに
変更されたりする事はあるのでしょうか?
例えば各小隊・中隊などの細かいキャラクターの
グラフィックが動き回るのも楽しそうだな
・・・とか思っています。
戦闘シーンのBGMはスピーディーな動きに
合っていてとても良いですね。
また、メニュー画面のBGMも壮大な世界観を
感じさせるような曲でお気に入りです。
今日は開発陣の皆さんとお話しすることができ
非常に楽しかったです。ありがとうございました。
完成する日を心待ちにしております。
皆さん頑張って下さい!!

もりぞう 08-12-30 (火) 14:11

連投してしまいすみません。
はにいのサントラ聴きました。
懐かしいですね。今聴いてみると改めて良い曲だと
思います。特に「ようこそ!はにい」は1面がなかなか
クリアできず苦労した記憶が蘇ります。
アレンジバージョンも新鮮で聴いていてとても楽しいです。
ボーカル曲の作詞はNimaさんが担当されているのですね。
作品に対する強い思い入れを感じます。
流石はサントラの首謀者といったところでしょうかw
今年はいろいろなイベントで齋藤さんや皆さんに
お会いすることができ非常に楽しかったです。
来年もよろしくお願いします。
それでは、良いお年を!

さいとうひろと 08-12-30 (火) 18:33

もりぞうさん、こんにちは!
昨日はブースに来て頂いて有難うございました。
>戦闘画面のマーカーが結構アクティブにはい、まるでシューティング・ゲームを思わせるかのように動きますよねw
この新しい試みが「GAMBIT OF THE DRAGON」の大きな売りの一つでして、更に指揮下にあるユニットを「弓形」や「逆Vの字」など色々な陣形に展開させて戦いを楽しんでいただきます。
>ちなみにこのマーカーは今後別のグラフィックに
そうですね現在はユニットキャラのCGがそのように表示されています。
Minstrel Softは潤沢な開発人数ではなく少数精鋭(笑)でやっていまして、まずは一番力を注ぐべきところ(「ゲームの面白さ」に関わる大事な部分で、例えばゲームシステム、シナリオ、戦術時のバランス調整など)から着工していきますので、細かいこだわりの部分は期間的に後半もしくは余力が許せば、ということになります(^^;
しかし、こうやって意見、要望を言って頂けると、今後の改良点などの大変参考になります。
どうぞこれからもよろしくお願いします。
「はにい」のCDお求め有難うございます?。
>懐かしいですね。今聴いてみると改めて良い曲だと
そうですね、いい曲ですよね?。
はにいの曲は、一見キャッチーで可愛いメロディの背景にRockと現代音楽のバックボーンがあります。
実際、当時BGMの指定で「全音音階を使って」とか「エリック・サティ調に」とかあったと聞かされた記憶があります。
そういう細かい音の演出があの神話の不思議な世界とうまく溶け込んでいる引き立たせるんでしょうね?。
>ボーカル曲の作詞はNimaさんが担当されているのですね。
はい、はにいの企画の発端は飲み屋でのNimaの思いつき発言でしたw
しかし、それに勢いよくのっかてプロジェクトを立ち上げちゃう細江さんもやはりスゴい!!カッコよすぎ!!www
いえいえ、こちらこそ有難うございます。
来年もまたどうぞよろしくお願いしますm(^^)m。

Home > GAMBIT OF DRAGON > 「GAMBIT OF THE DRAGON」PV完成

photo
齋藤 博人(HIROTO SAITOH)

サウンド・デザイナー
東京都生まれ。
1998年に工画堂スタジオを退社し、以後はフリーランスとして活動。
民俗音楽、ジャズ、テクノ、オーケストラサウンドと多岐のジャンルに渡って作品を創る。

Search
Feeds
Meta

Return to page top