Home > Archives > 2007-12

2007-12

これより

ビックサイトに出かけます。
新作はありませんが、ちょっとしたサンプルCDを配布します。

多分、今年最後の

hawai.jpg

昨日はハワイアン・ダンサーのいる店で忘年会でした。
お会いしたたくさんの皆様、どうもお疲れ様でした(^^)。

サントラ情報などなど

先日、忘年会を兼ねてクロスハーミットのサントラの打ち合わせもしてきました。
オマケの作業も順調に進んでいるようで、出来上がりの経過を聞くと予想以上の仕上がり具合に
「やばいっ、これじゃ音楽の方がオマケになりかねん」とちょっとアセってしまいました(^^;
あそこまでやってくれるとはほんと嬉しいかぎりです。

さてさて、今年の冬イベントもLotsは出店致します。
新作は今回特に予定がありませんので、旧作のみの販売となります。
まだお持ちでない、という方がいましたらこの機会にぜひ!(笑)
12月31日 “お”-08bです。

クロスハーミット・サントラ続報

大変長らくぶりのお知らせとなってしまいましたが、只今クロスハーミット・サウンドントラック製作進行中です。
音楽作業の進行具合は目下60%くらいで、あといつ出すか時期を検討しているところです。

「作ります」と発表してからずいぶん時間が経ってしまった理由として、自分の仕事の他、
音楽以外の大事なコンテンツであるオマケ部分で協力してくれるクロハミの元スタッフが、やはり
仕事で忙しくて時間がとれなかったことなどがありました。
あとはまあ、合間に強引にねじ込んで急いで作り、満足のいかないものになるよりは
時間がかかっても良いものを作る姿勢で行くとそのスタッフの彼と決めてたという事もあります。

今回のクロスハーミットのCDは、eb社からサントラ製作に関する版権を借り受けて、
制作は僕が自費で行うという形になっています。
そこでちょっとネックになってくるのが、クロスハーミットのサントラは音楽以外にも
オマケを付ける関係で、どうしても製作コストが通常のCDより多くかかってくることです。
加えてクロスハーミットはゲームの発売から既にだいぶ時期が経っている作品なので、
採算面との釣り合いが取りにくいというのが一番の問題なんです。
まあ、これは製作決定当初からある程度予想&覚悟していたことであり、今更といえばそうなんですが、
しかし全くの赤字になるというのも困りもので・・・せめて死なない程度くらいは売りたいと考えております(^^;
かといって安易に価格を吊り上げたのでは、お得感が少なくなりお客さんの満足度に影響する。
もちろん製作コスト軽減の為コンテンツを減らす方向に動いてしまっては本末転倒で、何のために
出すのか意味が全く無くなってしまう、むむむむ。
まずとりあえずは、再度細かく販売経路や方法を検討してみなければなりません。
そのメドがたったらみなさんに是非詳しい発売日をお知らせしたいと思います。
とりあえずは、前向きに動いています!という中間報告をしたく思った次第でした(^^)。
クロスハーミットは個人的にも好きな作品で思い入れがあり、スタッフも応援してくれている。
何とか実現にこぎつけたいな?。

Home > Archives > 2007-12

photo
齋藤 博人(HIROTO SAITOH)

サウンド・デザイナー
東京都生まれ。
1998年に工画堂スタジオを退社し、以後はフリーランスとして活動。
民俗音楽、ジャズ、テクノ、オーケストラサウンドと多岐のジャンルに渡って作品を創る。

Search
Feeds
Meta

Return to page top